知っておきたいお墓の豆知識 そもそもお墓って必要なの?についてのページです。

時代の流れと共に、人の死生観も大きく変わってきました。 例えば葬儀をひとつとっても昔は自宅や大きな会場で親戚縁者はもちろん、近所の人まで伴って盛大な葬儀を行っていたのが、 今では一緒に住んでいる身内だけでシンプルに執り行う家族葬というものが主流になってきています。

では、お墓は昔と比べてどう変わったのでしょうか? お墓が現在のよう形で建てられるようになったのは室町時代前期ごろといわれています。 この頃はまだ貴族などの特権階級だけのことでしたが、町民や農民などに一般的に広まったのは 江戸時代からだと言われています。幕府が寺院諸法度などの寺院に対する整備をすすめ、 庶民にも檀家制度への加入をすすめてからお墓を建てることは一般的になりました。

そしてそのまま現在でもお墓の建てること自体はあまり変わっていません。 その家のご本尊様と戒名をお墓の石に刻み、お骨自体はその墓の下の土に還すことが一般的です。

ただし、代々長続きしている家となると墓石の数が多くなるので、お墓とは別に墓誌を作って そこで代々の戒名をいれるなど部分的に簡略化されていることもあります。 また、屋外に墓地を設けることはせず、納骨堂みたいな形で収納しておく屋内型墓地も増えつつあります。

ちなみに、法律でお墓を建てなければいけない決まりは特にありません。法律で決まっているのは お墓にしていい土地が条例等で決まっているだけで、お墓を建てずに自宅に置いておいても、寺に預けていても 問題はありません。

知っておきたいお墓の豆知識のトップヘ